去年は豊田の出会いを手に入れることができなかった

運がよくなかったし、去年はピンクの帽子を全部持っていたと思う。そして今回は、ピンクのキャップが…53kgの重さもなめすぎました。ここで力を発揮してほしい。そして、豊田の出会いはこの男に、さまざまな欲求不満のためにオルフェーヴルを手に入れることができなかった皇帝の盾を奪ってほしいと思っています。もちろん、そのうちのいくつがオルフェーヴルの規模になっていないかは知っています。

https://www.nikukai.jp/toyota-deai/

ちなみに2位は1、2、5、9、14くらいです。

「豊田の出会いゴールドカップ(競馬)の惨敗」
どちらも出てちょっと寒い…

中山はクレッシェンドの愛です。スタート直後に馬が目の前を通り過ぎたとき、黒い帽子がいい位置だと思ったので黄色いゲームユニフォームを着ていました。青のマッチを探すべきかと思ったら、もうすぐ疲れました。その時、私が諦めた時間の90%は、良いポジションからの脱出を回避しました。馬の完璧なフレームである3番を台無しにしました。今日、内公園は本当に不思議です。
ザダル8着。セントライトメモリアルの前に、私の目の前でダービーホースであるはずの友人について熱心だったことを思い出すのは恥ずかしいことです。

豊田の出会いはアドバンテージと見なされていますが、大聖堂のお気に入りは3階の10秒という遅いペースです。馬はカーテンなしでは見えません。ダイアトニックのみがプッシュされました。彼は4分の3の人だと思いましたが、ここではケースが違うのではないかと思います。