豊田の出会い以来、強くなっている場合

勝った豊田の出会いは3-4コーナーからの反応が抜群。十分な時間で出てきました。今までジョッキーに悩まされてきました
クロノジェネシスは昨年の秋以来強くなっています。前戦の派手な勝利が良かったのは馬場のせいかと思ったが、今日は外に出ても大きく成長した。豊田の出会いでフレームが逆になっている場合は、交換されている可能性があります。宝塚では大好評です。

https://www.nikukai.jp/toyota-deai/
それでも、Stay Foolishが正常に出れば、より良いレースになったでしょう。門の内側から隣の赤が激しく犯され、馬が走った後もステーがつぶれて倒れました。その時点で終わった。
「大阪カップ予報(競馬)」
豊田の出会いグランプリが開催される2週間前には、追い越しの機会がなかった高速乗馬場でした。先週は雨が降ったが、今日は目の前で最高の休憩所だった。
◎ラッキーライラック5本。昨年エリザベスで騎手が交代した後の目覚め。豊田の出会いは長い間堅実でしたが、トレーリングレッグの決定要因は上がりました。プレマウントも可能で、高速のライディンググラウンドに向いています。
○4人のワグネリアン。最初はそれほど強くないと思いました(1年ほど前、カデナで。弥生賞でダノンに敗れ、ダービーは幸運なまぐれでした)。ただ、豊田の出会いは必ず確実で、自分の調整力もいいと認めざるを得ません。
▲3ブラストドレス。それは大きな馬であり、内側の円は適合しません。雨の中の有馬は転がって勝ちましたが、今阪神でやったら届かないでしょう。でも、川田に着替えて上手く乗れるのを見て怖かったです。